忍者ブログ
ADMINWRITE
涼宮ハルヒシリーズの2次制作サイト。鈍感なキョンを愛でています。 BL要素満載なので間違って入ってきた人は回れ右です。古キョンだらけですが、国木田×谷口も少々あります。 当サイトはリンクフリーです。相互も大歓迎です。 リクエストなども受け付けておりますので拍手かメールフォームよりお気軽にどうぞ。
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国木田様×谷口 最終話。

以下、ss本文は「続きを読む」から。

最近の谷口は変だ。何をしても抵抗しようとしない。
僕はそれに気付かないフリをしている。


いつものように虐めて痛めつけて貪る。
それなのにどうして谷口は僕を見て微笑むのだろう。
恍惚とした表情をしているのだろう。
どうして僕を通してキョンを見ていないのだろう。
はっきりと僕を見ているのだろう。
何故だ?快楽に溺れた?
……誰だ、これは。
嫌だ、嫌だ嫌だ嫌だ…イヤだ。
冷めていく冷めていく冷めていく。
体の熱が嘘のように引いていく。
急に何もしなくなった僕を見て谷口は不審がっている。
どうして、次を望んでいるような顔をしてるのだろう。
「もう、終わりだ。谷口」
何を言われたのかわからないのだろう。動きが止まってしまった。
しかしすぐにその呪縛は解けたようだ。焦っているようだ。混乱しているのがわかる。
「な…んで?」
カラカラの声で紡いだのはその一言。
「別に。もう開放してあげるって言ってるんだから喜べば?」
いつもと違う本当に冷めた声を出していると自覚できた。
どうして谷口はショックを受けたような顔をしているのだろう。
ああ、そうか。
「安心してよ。キョンには今までのこともキミの気持ちも何も言わないから。本当にただ開放してあげるだけだよ」
まだ谷口は喜んでいない。何故だろう。
そんなに快楽に溺れてしまったのだろうか?
僕と出来なくなるのがそんなに嫌なのか?
そんなのは僕の好きになった谷口じゃない。
僕のせいで狂ってしまえばいいとさえ思っていたくせに本当に狂いそうになったら冷めてしまった。
自分の勝手さには笑うしかないかな。
「何笑ってんだよ!!?開放とか何言ってんだよ!?なんなんだよ!お前は!!」
何を怒っているんだろう?
――なんで泣いているんだろう?
「なんで俺から勝手に離れていこうとしてんだよ!イヤだ!!」
わからない。谷口が何を望んでいるのかも、この状況も、何もかも。
「っんだよ!!何呆けてんだよ!!おまえは俺のことが好きなんだろ!?俺を抱きながらそんな悲しそうな顔すんな!変な顔で笑うな!いつも通り憎ったらしい顔してろよ!俺はそんなお前が好きなんだよ、馬鹿ヤロー!!!」
好き?誰が誰を?僕が谷口を?そうか僕の気持ちを知ってたのか、谷口は。
え?谷口が僕を好き?まさか。
「あ…りえな…い」
やっとその一言が言えた。
「信じろ!信じろよ、バカ!!好きだ好きだ好きだ!キョンよりも、誰よりも!おまえが好きだ!!」
「好かれる事は何もしてないよ?」
「ああ!そうだな!!でも、俺にひどいこと言いながら自分の方が傷ついた顔しやがって!心配すんだろうが!!そんな顔されたら気になっちまうだろ!気付いたら好きになってたんだよ!キョンのこと忘れちまうくらいにな!」
――本当だろうか?本当に僕のことが好きなんだろうか?だから最近、抵抗していなかったのか?嬉しそうにしていたのか?
「本当に?」
頭の中では混乱しているがそれだけは聞けた。
「嘘でこんなこと言うか、バカ!!おまえが好きになったヤローはそんな奴なのかよ!」
――谷口、谷口、谷口
「僕、キミのこと好きだよ。ずっと好きだった」
「知ってる。あー、ったく。順番めちゃくちゃだな」
目頭が熱い。
「泣くなよ」
――そっちこそ。
谷口が僕の涙を舐める。そこから唇を移動させて普通のキスになる。
しょっぱいキス。
でも、しょっぱいのは一瞬だけ。すぐにどちらの唾液かわからないほどに濃厚なキスに変化する。それは甘いとさえ感じるくらいだ。
今までしたどんなキスよりも熱っぽい。
名残惜しさを感じながら唇を放す。
唇から流れている透明な液体を舐める。
そっちから仕掛けてくるなんて驚いたな。
いつもの笑みが戻ってくる。僕の本当の笑み。
こんにちは、僕の恋人。ねぇ、これだけは知っていて?
僕の恋人にまずはこの一言を与えよう。

「ねぇ、谷口。僕ってさ、根っからのSなんだ」

引きつっているけれど少し嬉しそうなキミは今まで見たどんな表情のキミよりも愛おしいよ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/10 椎香]
[03/09 冬輝]
[10/24 オレンジレモン]
[10/23 彼方]
[10/23 オレンジレモン]
最新記事
プロフィール
HN:
彼方
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1986/12/06
職業:
会社員
自己紹介:
社会人2年生になりました。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 鈍感な人 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]