忍者ブログ
ADMINWRITE
涼宮ハルヒシリーズの2次制作サイト。鈍感なキョンを愛でています。 BL要素満載なので間違って入ってきた人は回れ右です。古キョンだらけですが、国木田×谷口も少々あります。 当サイトはリンクフリーです。相互も大歓迎です。 リクエストなども受け付けておりますので拍手かメールフォームよりお気軽にどうぞ。
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国木田様×谷口 第4話。
といいつつ、国木田しか出てこない。

以下、ss本文は「続きを読む」から。


「待っ…!!!」

ベットの上で目を覚ます。夢か。
僕には見せない笑顔でキョンの隣を歩いて去っていく谷口。
キョンもそれを望んでいたら僕には止める権利なんてありはしないのに。
「待って」なんか言えるわけない。
あぁ、僕にとっての悪夢。谷口にとっては文字通りの『夢』?
もう一度寝ようと思ったが目が覚めて…頭が冴えて眠れない。
キミを想って眠れないんだ。
行かないで。去っていかないで。僕から離れていかないで。
キミが必要なんだ。誰よりも。
体は奪った。そう、無理やりに。
でも気持ちは掴めない。体は掴んでも心は掴みきれずに零れていく。砂のようにサラサラと。
空気を掴むように無駄な行為を続けている。
わかってる。一番馬鹿なのは僕だ。
素直に好きとも言えないで全てを求めている。求めて求めて弱みで脅して体を貪って。犯している。
好きな人を傷つけて…体を傷つけて心を傷つけて。
僕は実際、何を手に入れたのだろう?
快楽?悦楽?喜び?
何よりも得たものは虚無感か?
「はは…」
乾いた笑い。
涙なんかは出てこない。
僕は病んでいる。
次に手に入れるのはなんだ?何か手に入れることが出来るのか?
何をすれば一番欲しいものを手に入れられるのだろう?
谷口に優しく接する?今更?そんなことしても、もう無駄だ。
きっともう何をしても無駄なんだ。一番欲しいものなんか手に入らない。
「好きだよ」
優しく囁くことも目の前に相手が居なければ容易く出来る。
どこの天邪鬼だ、僕は。
好きだ好きだ好きだ……好きなんだ。
狂おしいくらいに。
僕はキミのせいで狂うのなら本望なのかもしれないな。
キミは僕で狂ってくれるだろうか?
いつの間にか気付かないうちに爪を噛んでいた。
僕の血の色はまだ普通の人間と同じように赤かった。
じんわりと口内に広がる血の味。
谷口との初めてキスの味。それすらも愛しい。
もう好きとか嫌いとか超越してるのかな?
おかしいな、さっき狂おしいくらいに好きだって考えていたばかりなのに。
ああ、考えがまとまらない。
とりあえず言えることはこれだけ。

「愛してるよ」

届かない言葉を呟いて明るんできた空を見上げた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[04/10 椎香]
[03/09 冬輝]
[10/24 オレンジレモン]
[10/23 彼方]
[10/23 オレンジレモン]
最新記事
プロフィール
HN:
彼方
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1986/12/06
職業:
会社員
自己紹介:
社会人2年生になりました。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 鈍感な人 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]