忍者ブログ
ADMINWRITE
涼宮ハルヒシリーズの2次制作サイト。鈍感なキョンを愛でています。 BL要素満載なので間違って入ってきた人は回れ右です。古キョンだらけですが、国木田×谷口も少々あります。 当サイトはリンクフリーです。相互も大歓迎です。 リクエストなども受け付けておりますので拍手かメールフォームよりお気軽にどうぞ。
[53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずは、嘘吐きですいません。
いやぁ、遅すぎますよねぇ。
ちょっと姉貴が1年ぶりに帰ってきたんで遊んでました。

なんか思ってたのと違うのになったのでまた違うの書くかもしれません…
その前に国谷書いた方がいいのだろうか;
量に差がありすぎる(笑)
古キョンと国谷どちらが目当てで来てらっしゃるのか拍手の際に一言してくださると嬉しいです(>_<)
アンケート置けって話か…?

この話では古泉が途中でタメ語で話すようになるのでダメな方はご注意を。


以下、ss本文は「続きを読む」から。


ssネタバレを含むので読んだ後にどうぞ↓
エロなしですいません。
書いたこと無かったので自粛したのですがもし、もしもですが要望があれば書きます…
それと、古泉のタメ語が下手ですいません
タメ語なのに「あなた」だけは変えられなかった…
「お前」とかになっちゃうと古泉の人格が黒くなりそうだったし他に思い浮かびませんでした
うーん。難しい。
言い訳すいません…

8月31日
俺が今日この日を迎えるのは長門曰く15496回目らしい
何の解決策も見つからないでこの日を俺たちは迎えてしまったわけだ
ハルヒが無意識に行っている8月17日から31日までの繰り返しはどうやったら終わらせられるのか見当もつかない
朝、目覚めて今日をどうやって過ごそうか考える
昨日ハルヒは「今日はこれで解散!また明後日部室で」と言っていた
でも何かしなければ間違いなく夏休みは繰り返されるわけだ
さて、何をすればいいのかね

携帯電話をなんとなくいじる
と、どこかで見ていたんじゃないかというタイミングで電話が鳴り出した
まるで2週間前にハルヒから電話があった時のようだ
しかしディスプレイに表示されている名前は2週間前とは違い、古泉だった
既視感を感じる
…この電話も、もしかしたら何回もあったのかもな
そしてまた、これからする会話も

「古泉か。何の用だ」
『おはようございます。突然すいませんが、これから僕の家に来てくださいませんか?』
「ああ。わかった。すぐに行く」
最近、俺は古泉の家によく行くようになった。
ちなみに最近というのは本当に最近でこの無限ループに気付いてからだ
最初誘われた時は何事かと思ったが、なんのことはない、2人でこれからのことについて話しただけだった
朝比奈さんは居ても泣いてしまうだけだし、長門はこの現象に対しては解決してくれる気がなさそうだったから俺たちが何とかしなければならないと思っているわけだ
しかし、もうアイディアも出し尽くしている
だから行っても沈黙が流れているだけの時もある
そんな時はなんとなく不安になる
でもその時、古泉は無駄な解説なんかをし始める
それをボーっと聞いているとなんとなく安心できると気付いてからは俺から古泉の家に行くと言うこともあった
最終日、やっぱり最後の知恵を振り絞ってこの夏休みを終わらせるための方法を話し合うんだろう
俺は何の疑問も無く古泉の家に向かった

ピンポーン
この10日間ですっかり見慣れた古泉の家のインターホンを鳴らす
ガチャ
「はい。いらっしゃい」
ドアを開けた古泉の顔は少し疲れているようだった
目の下にはクマも出来ている
「眠れなかったのか?」
古泉のニコニコ笑顔は苦笑に変わり、わかりますか?と言ってきた
そりゃあわかるさ。
まぁ、あと1日しかないんだから夜通し何かいい方法が無いかと考えていたんだろう
「そちらに座ってください」
と、これまたこの何日かで見慣れたソファを差されたから座る
古泉はキッチンの方に入っていった
別に何の飲み物も無くても平気なんだがね
手持ち無沙汰で部屋を眺める
古泉らしいシンプルな部屋だ
1人暮らしのようだが家族のことは聞いていない
機関とか難しい問題があるんだろう
「どうぞ」
古泉はソファの俺の隣に座りながらカップを寄越した
渡されたカップの中身はコーヒーだった
自分の眠気覚ましのためだろうか
「なぁ、眠れなかったのは今日どうやって過ごすか考えていたからか?」
「ええ。そうです。あなたは眠れましたか?」
生憎、しっかり寝たよ。すまんな
「いいえ。構いませんよ。しかし、不安じゃなかったんですか?」
ああ。やっぱりお前も不安だったのか
この事態に気付いた時からあんまり不安な顔をしないから不安なんてないのかと思ってたよ
「不安ですよ。一生このままだったら、と考えると恐いです」
古泉はいつになく正直に喋っているようだった
「お前が弱音を吐くなんて珍しいな」
古泉はキョト、としてみせた
そんな表情も珍しいな
「弱音を吐いても明日になればまた忘れている。ならば今日くらいはいいでしょう?」
そうだな。今日くらいは素直になってもいいんじゃないか
「素直に…か」
古泉から出た言葉は敬語ではなかった
俺は少し驚いて古泉の方を見る
隣にいた奴はいつも通りのニヤケ顔の古泉だった
「やはりこちらの話し方がよろしいですか?」
ああ、そうだよな
ただの同級生に敬語の方がおかしいよな
「今日くらいは飾らない、ただの『古泉一樹』でいいんじゃないか?」
あーあ、俺も普段じゃ言わないようなこと言ってるな
まぁ、でも…今日だけならいいか
「今日、だけ」
「ああ、今日だけ。ん、いかん。すっかりあきらめムードだな」
と言って横を向くといつの間にか古泉が物凄く近くに居た
「うわっ、顔が近いぞ」
「ええ」
と言いながらまだ近付いてくる
いやいや、ホントにちけーって
コーヒーが波打っている
なんだ?俺の手が震えてんのか?
古泉が俺のカップを取り上げてテーブルに置いた
自分のカップはもうテーブルに置いていたようだった
近い、近い
強烈な既視感が俺を襲う
一層近付いてきた奴を思わず突き飛ばす
「あ…悪い」
手を差し伸べようと思ったはずなのにその手が握られそうになったら引っ込めてしまった
俺は何をしているんだ?
ソファで倒れている古泉の口元が変に歪んだように感じた

次の瞬間、俺は天井と古泉を見ていた
「何してるんだ?」
状況を判断するに、俺は古泉に押し倒されているようだ
「こいず…」
み、と発音することは叶わなかった
声を発する器官、つまり口が古泉の口によって塞がれていたからだ
なん…だ?
生暖かいくて柔らかい感触を感じる
キス、されてんのか?
状況は判断出来たが意味がわからん
古泉の肩を掴んで引き離そうとしても押し倒されているためか難しいようだった
というか、逆にまた近付いてきた
それに伴ってキスもまた深くなった
ざらついた舌が口内で自由に蠢いている
見た目の割にこいつは重い
そういえば水着になった時に見た上半身は筋肉がついていたな
なんで俺はこんなことを冷静に考えているんだろうか
それにしてもなんとなく心地良いのは何故だろうか
肩に置いてある手を背中に回したいと考えているのは何故だろうか
少し嬉しいと感じているのは何故だろうか
目の前にいる奴の睫は長いな、と観察しているのは何故だろうか
手を背中に伸ばそうとしたら案外遠かったので頭を掴む
見た目よりも柔らかい髪だった
もう少し触っていたい、と感じた
目の前の景色が歪んできて睫の観測は難しくなってきたようだ
舌に絡み付いていたものは離れていく
それが少し寂しい

「…はぁっ。はぁ」
足りなかった酸素を吸う
息切れを起こしている自分がなんとなく嫌だ
「なんでちゃんと抵抗しなかった?」
いつもとは違う口調の古泉が聞いてくる
へぇ、本当はそんな口調なのか
「そんなことどうだっていいだろう?なぁ、なんでだ?」
何故?なぜ?
それはキスをしている間、ずっと考えていたことだ
そう、その答えを一言で表すならば
「嫌じゃなかったからだな」
嫌じゃなかった、それは確かだ
「そ…んな」
そう言った古泉は言葉を失ったようだった
そしてソファに座りなおした
俺はそんな古泉の髪を見てもう一度触りたいと思った
自分の手を握ったり開いてみたりするがもちろんなんの感触もない
古泉はそんな俺の手を握ってきて意を決したように口を開いた
「あなたが好きだ」
古泉はさっきからニヤケ顔を出さない
本当の古泉はこんな奴なんだろう
それを否定する気もさらさら起きなかった
そして、古泉の言葉も否定する気にならなかった
「今日、だけ。今日だけ。15496回目のあなただけはオレのものになってくれ」
そう言った古泉は真摯な眼差しだったと思う
「古泉、俺、お前といると不安が解消されるんだよ」
さっき古泉がした質問に答えていなかったと思って答えてみる
「この部屋も数える程度しか来たことが無いのに落ち着くんだよ」
なんでだろうな。
今は天井しか見えないがここにあるもの全てが俺を落ち着かせる気がした
「自分で答えを出して欲しい」
手を一段と強く握られて言われる
古泉は答えをまるで知っているような口振りだ
俺の感情なのにね
やれやれ


でも、答えを俺も本当は知っている
古泉が俺に好きだと言った時からそれ以外の答えは無いと気付いていた
しかし俺は自分の頭の中でさえもそれを認めたくなかったらしい
「今日くらいは素直になっても良いだろう。何度でも言うよ。あなたが好きだと」
古泉の言葉が心に届く
そうだな
今日認めても明日にはそんなこと忘れている
今日くらいは
今日くらいはいいだろう
「お前が好きだ」
白い天井を見ながら心情を吐露する
「本当はオレの方を見て言って欲しかったんだけど」
そんなことは知らん
「今日くらいは素直に…は?」
知らん
白い天井は古泉の顔によって塞がられていく
俺の眼前には古泉の顔しかない
「目は瞑らないの?」
いいんだよ。俺には観察するものがあるんだからさ
返事の代わりに髪を掴んで引き寄せる
無駄な事を聞く口はこうして塞ぐのが一番いい
一瞬、目を見開いたようだったがすぐに閉じたようだった
やっぱり長い睫だな
それに髪を掴んでいる自分の手はそれで満足したようだった
なんとなく甘酸っぱい感情が沸いているような気がするが、まぁ、勘違いとしておこう
さっきよりも短いキスで終わり、古泉の口は横にずれていった
口元、頬、目元、額、顔中にやられたと思ったら今度は首にずれていく
柔らかいキスを落としていたと思ったらいきなり強く吸われた
「いてっ」
「これで今日のあなただけはオレのもの」
俺の苦情とも言えない呟きは聞き入れられなかったようだ
こんなに満足気なこいつは初めて見るな
背中に手を回されて体を起こされる
なんとなくこいつの思い通りになっていることが気に食わない
「今日のオレはあなただけのもの。あなたもオレにその印を付けてくれないか?」
「嫌だ」
間髪いれずに答えてやる
そんなものにしか頼れないならする意味なんてないだろう
「そうか。残念」
そう言ってまた首の反対側に口を寄せながらソファに寝転ぶことになる
また少し痛みが走る
「ずっとこうしたかった」
ずっと、という言葉が少し気にかかる
「今日のあなたはオレだけのもの」
まるで何かの呪文のように古泉はそれを繰り返す

「そればっかりだな」
何度目かの繰り返しで言ってみた
少々、うざったくなっていたからだ
「ああ。だって明日のあなたはオレのものじゃないから」
そう言うこいつは笑顔だった
確かに8月17日の俺は古泉のことなんか好きでもなんでもないな
俺は、俺の心は誰のものでもない
「でも、明日のオレもあなたのものだ」
それはこの無限ループが始まる前から俺が好きだったということか
「会ってすぐにあなたに惹かれた。どうして惹かれてはいけないものに限って惹かれるんだろう。よりによって一番許されないものに。好きだと告げることさえ許されないものに」
「ははっ。今、思いっきり言ってんじゃねーか」
「ああ。この無限ループでしか許されない。こんなことしても明日には全てを忘れてくれるなんてそんな都合のいいことはもう2度とないだろうから」
都合がいい
そう、都合がいいはずなのに古泉の顔は歪んだ
全く隠せないほどに
「何よりも都合がいいはずなのに、悲しいなんてバカだ。オレ」
『今日のあなたはオレだけのもの』
と呪文のように言っていたのは自分に言い聞かせる意味もあったのだろうか
「幸せで、幸せすぎてダメだ。本当は力の限り拒絶してもらって涼宮さんへの気持ちをはっきりしてもらおうと思っていたのに。今日を忘れたくない」
そう言う古泉の顔をどこかで見たことがあるような気がした
このやり取りも前にしたことがあるのだろうか
「忘れなきゃいいじゃねーか」
「あなたはそうやって無理を言う」
溜息なんか吐くな
まだ1日あるんだぞ
「今日、この日は忘れなくてはならないんです。それは決定されていることです」
その口調はいつもの、昨日までの『古泉一樹』だった
そしてその表情も機関に所属している超能力者『古泉一樹』だった
ああ、諦めているんだこいつは
諦めた上で諦め切れなかったのが今日の告白だったのか
俺が気持ちに応えたら全てを忘れると決めておいた上での告白
なんて、なんてバカなんだ、こいつは
「だから、今日はずっと一緒に居たい。あなたが恐がるならずっとこのソファで話し合おう。ゲームでもいい。…恐がらないなら寝室に」
指に施されるキスは妙にくすぐったかった
寝室、の意味くらいはわかる
どうやってすんのか詳しいことはわからんが
それを恐いとは思わなかった。でも、
「恐いのはこの感情を忘れることだ」
古泉はますます表情を歪ませた
「……バカだ。あなたはバカだ」
お前の次くらいにな
「あなたの望むことは叶えたい。でもそれだけはダメだ。明日は8月17日。これは絶対です」
古泉にハルヒのやり残したことを考える気はないようだ
1人で考えても、何も思いつかないだろう
それなら今日を思い切り楽しもうではないか
「古泉、俺も青春真っ盛りの男子高校生なんだ」
「…はぁ」
ちっ、鈍いな。こいつ
「行くぞ、寝室」
俺に被さってるんだからお前がそこをどかない限り移動できないだろうが
「えっ、えっ。いいの…か?」
いいからそこどきやがれ
「いいっつってんだろ」
早くどけよ
俺らに残された時間は、あと何時間だ?
家になんか帰らない
無断外泊して、親が怒ろうとも今日の俺には関係ないことだ
携帯電話をジーンズのポケットから取り出して電源を切りそのままソファに置いておく
これも今日の俺には必要ないものと化した
何してんだよ。早くしろって
「…いや、驚いた。あなたがそこまで乗り気になるなんて」
うっせーよ
別に乗り気でもなんでもねーよ
このまま起き上がると頭突きすることになるから、ただそれだけだ
「じゃあ、行こうか」
古泉は起き上がって俺に手を差し出す
その手を掴むことは女扱いされているようで癪だがその手を握ることが意思表示になると思って我慢してやる
「ああ」
今まで入ったことがなかった古泉の寝室に俺は誘われた

なぁ、古泉
明日が8月17日になっちまうことが決定されていたとしても、俺がお前に惹かれないという事は決定事項でもなんでもないんだぞ
そう、今回俺がお前を好きになったように同じ感情を持った8月はきっと前にもあったんだろう
そしてきっと同じように忘れていったんだ
忘れたくないと願いながら
さっき抱いた既視感はそのせいだろう
そして、この無限ループを乗り越えた先の日々で俺がお前に惹かれたら忘れられない想いにすることが出来る
古泉は俺のことが夏休み前から好きだったようだからそれを俺が悟れれば意識出来るだろうな
…さて、未来の俺はそれに気付けるのかね
古泉が家に俺を誘ってくれたらいいんだが
しかし、未来なんて俺に知ることなんて出来ないからな
俺がわかっている未来はこれから古泉と寝室に行くこと
そしてそこで未知の経験をするだろうこと
明日は8月17日であり、15497回目の夏休みを体験するということ
それだけだ

 

 

 

眠い…
そう思いながらもなんとなく午前中に起きちまった
昨日まで親戚の子供達と遊んでいたのが効いてるのかね
高校生と小学生のパワーはやっぱり違うね
あれに対抗できるのはハルヒくらいだろう
ん?なんとなく胸にぽっかりと穴が開いたような感じがするが、気のせいだろう
目元に涙の粒があるようだ
あー、欠伸で涙が出てきちまったみたいだな
さて、暇だし高校野球でも見るか
そう思って特に応援している学校が出ていないテレビをつけた

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/10 椎香]
[03/09 冬輝]
[10/24 オレンジレモン]
[10/23 彼方]
[10/23 オレンジレモン]
最新記事
プロフィール
HN:
彼方
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1986/12/06
職業:
会社員
自己紹介:
社会人2年生になりました。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 鈍感な人 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]